菅平高原スノーリゾートのゲレンデインフォとスキーツアー・スノボーツアー情報

スキーツアー・スノボーツアー > 菅平高原スノーリゾート

菅平高原スノーリゾートのゲレンデインフォメーション

菅平高原スキー場 ゲレンデ地図1菅平高原スキー場 ゲレンデ地図2
菅平高原スキー場
菅平高原スキー場は菅平高原スノーリゾートと菅平高原パインビークの2つのスキー場を併せたスキー場。
菅平高原スノーリゾートは太郎エリアとダボスエリアの二つのエリアに分かれ、全36コース、最長滑走距離4,000mの広大なエリアとなる。菅平高原パインビークはオオマツゲレンデとツバクロゲレンデの二つで構成され、アルペン競技用のトレーニングや合宿地としても人気が高い。菅平高原共通リフト券を利用すれば2つのスキー場のリフトをどちらも利用できる。
おすすめコースとしては菅平高原スノーリゾートの奥ダボスエリア。奥ダボス第1トリプルリフト乗り場から日本では数少ないスノーキャットが運行しており、絶景のパノラマを満喫してのロングランが楽しめる。
おすすめのゲレンデ食堂は菅平高原スノーリゾートでは奥ダボスエリア「フライングフォックス」、パインビークでは「ケバブショップ チャイハネ」。「フライングフォックス」にはゲレ食バトル参加メニュー「真田重」や名物ゲレ食「上田カツカリー」等、オリジナルメニューが楽しめる。「ケバブショップ チャイハネ」では5種類のケバブソースを選べる人気ゲレ食。営業は不定休の為注意が必要だ。
また、国道406号線沿いにある「焼きカレー屋 メルス」は地元でも人気の焼きカレーが楽しめる。アメリカンな装いの店内には多数のコミックも揃っており、ゆっくりとした時間を名物カレーとともに堪能できる。
年間の気温が低く、良質の粉雪が降り積もり、シーズンはじめの雪作りからシーズン中の整備までコースコンディションは抜群の菅平高原スキー場はスキーツアー・スノボーツアーにおすすめのゲレンデです。
アクセスはマイカーの場合は、上信越道「上田菅平インターチェンジ」から約30分。JRスキーの場合は、新幹線上田駅よりバスに乗り換えて約55分。詳しいご案内は、菅平高原スキー場のアクセスのご案内をご覧ください。

スキー場DATA

  • コース数
  • 36本
  • リフト数
  • 16本
  • 最長滑走
  • 4,000m
  • 最大斜度
  • 36度

コース概要

レベル別のコース構成
初級者 中級者 上級者
40% 40% 20%
ボーダー・スキーヤー比率
ボーダー スキーヤー
40% 60%

SNOWBOARD ITEM

  • ハーフパイプなし
  • クウォーターパイプ設置
  • ワンメイク設置
  • ウェーブ設置
  • テーブルトップなし
  • キャニオンジャンプなし
  • スパイン設置
  • バンク設置
  • ボックス設置
  • レール設置

・アイコンの上にマウスを乗せると、内容を表示します

・各スキー場とも、アイテムの形態内容が異なる場合がございます。

・上記アイコンは【青色表示:施設あり】【灰色表示:施設なし】となります。

ゲレンデ詳細情報

スキー場LINK

現地マップ

スノーボード滑走

全面OK

ボードパーク

あり

マイカーアクセス

上信越道 上田菅平ICより約20Km 約30分 

積雪情報と天気

spacer3

営業時間

平日

12,1月8:30〜16:30  2,3月8:30〜17:00

土・日・祝日

12,1月8:30〜16:30  2,3月8:30〜17:00

ナイター

18:00〜21:00

spacer3

スキー場の携帯電話の電波状況

Docomo

au

SoftBank

spacer3

菅平高原スノーリゾートに行くスキーツアー・スノボーツアーをお選びください

交通手段を選ぶ 東京発 名古屋発 大阪発 東北発 四国発 九州発
1

菅平高原スノーリゾート
宿泊付スキーツアー

スキーバス(夜夜出発) 詳細を見る - - - - -
スキーバス(昼朝出発) 詳細を見る - - - - -
JR利用 詳細を見る - - - - -
マイカー利用 詳細を見る
2

菅平高原スノーリゾート
日帰りスキーツアー

スキーバス(夜夜出発) 詳細を見る - - - - -
スキーバス(昼朝出発) 詳細を見る - - - - -
JR利用 - - - - - -
3 スキーバスのみ利用 - - - - - -
spacer3
Copyright (C) TRAVEX TOURS INC. All Rights Reserved.