バス集合場所

湯沢中里スキー場

湯沢中里スキー場 ゲレンデ地図

コース概要

コース数
16本
リフト数
8本
最長滑走
2,000m
最大傾斜
32度
レベル別のコース構成
初心者 中級者 上級者
40% 30% 30%
ボーダー・スキーヤーの比率
ボーダー スキーヤー
30% 70%
スノーボードアイテム
ハーフパイプ クウォーターパイプ ワンメイク ウェーブ テーブルトップ
キャニオンジャンプ スパイン バンク ボックス レール
  • 各スキー場とも、アイテムの形態内容が異なる場合がございます。
  • 上記アイコンは【青色表示:施設あり】【灰色表示:施設なし】となります。

湯沢中里スキー場の特徴

湯沢中里スキー場はJR上越線「越後中里駅」を降りてすぐ、ベースに置かれたブルートレインの客室がシンボルのスキー場。
全16コースの横長のゲレンデは全体的に緩・中斜面が多く、ファミリーやビギナー向けとなっているが、コブや非圧雪コースといった上級者向きのコースもあり、レベルを問わず楽しめるレイアウトとなっている。
また、お子様向けの施設やコースが充実しており、キッズ専用ゲレンデのある有料の「スマイルキッズパーク」と雪遊び専用の無料の「雪あそびパーク」と2つのキッズゲレンデが用意されている。さらにゲレンデアトラクションとして、「なんちゃってスノーパーク」がある。アスレチック・クロス・モーグルと、キッズやビギナーでも滑れるスノーパークは遊びながら少しずつ技術が身につくと大人気。

おすすめのゲレンデ食堂はスキーセンター2階「シェルブール」。地元の食材や越後もち豚、新潟和牛といった名産を使用したメニューから、定番のカレーライスやパスタなどメニューはバリエーション豊富。シェルブール特製トルコライスは毎年人気メニュー。お子様ランチもあるので、ファミリーでも安心。
また、中里スキー場はなんといっても首都圏からのアクセスが抜群なのが自慢。東京からならマイカーで約2時間、電車なら約1時間30分の好アクセス。日帰りにも最適だがスキー場周囲には宿泊施設も多数あり、越後湯沢駅間は無料のシャトルバスもある為、駅周りの温泉旅館からも手軽にアクセスでき宿泊でもばっちりスキー・スノーボードが楽しめる。

シンボルでもあるブルートレインは休憩室にもなっており、遊び疲れたあとの休憩もばっちり。遊びどころ満載の湯沢中里スキー場はファミリーやグループで楽しむスキーツアー・スノボーツアーにおすすめのゲレンデです。
アクセスはマイカーの場合は、関越自動車道「湯沢インターチェンジ」、から約10分、JRスキーの場合は、上越新幹線「越後湯沢駅」より無料送迎バスにて約20分、または上越線に乗り換え、「越後中里駅」下車にて徒歩約3分。詳しいご案内は、湯沢中里スキー場のアクセスのご案内をご覧ください。

ゲレンデデータ

ゲレンデ詳細情報
スキー場
LINK
湯沢中里スキー場 公式サイト
現地マップ 湯沢中里ホテルマップ
スノーボード滑走 全面OK
ボードパーク あり
マイカー
アクセス
関越道 湯沢ICより約5Km 約10分
積雪情報と
天気
「tenki.jp」湯沢中里の積雪・滑走状況と天気
営業時間
平日 08:30-16:30
土・日・祝日 08:30-17:00
ナイター 17:00-21:00
スキー場の携帯電話の電波状況
Docomo au SoftBank

このスキー場に行くプランを検索